腸内細菌を整えて腸内フローラを味方につける!

腸内フローラ腸内細菌

 

最近は、テレビ、雑誌でも腸内フローラを整えましょう!

 

という内容を見たことがあると思います。

 

医師の多くも、腸内フローラを整えるだけで、病気にかからない予防ができる、というほどです。

 

これだけ多く雑誌やテレビでも取り上げられる理由は、腸が持つ「免疫力」です。

 

免疫力の70%は、腸内細菌が作る
残りの30%は、心です。

 

そして、この「心は、腸内細菌が脳に送っているので、実際は、腸内細菌がすべてを握る、という分けです。

 

腸内フローラが整うと身体に良い6つのこと

免疫力が上がる

 

腸は、免疫細胞の70%を作っています。

 

腸内環境をしっかり整え、腸内環境が活性化すれば、必然的に免疫力も高くなり、健康的に歳を重ねられます。

 

若々しさを維持している人は、腸内環境もしっかり整えるように生活しています。

 

いろんな病気の予防になる

 

ウイルスの侵入をブロックして風邪やインフルエンザを防ぐだけでなく、腸内細菌は、病気の元凶と言われる活性酸素の外を抑制します。

 

生活習慣病と呼ばれているものを予防する働きも期待されています。

 

病原菌や有害物質を体外に排出してくれる

 

病原菌や有害物質は、口から入ってきます。

 

その入ってきた病原菌や有害物質は、腸の中にある免疫細胞によって、排除されます。

 

これは、胃の役目、と思っている人も多いですが、胃は、そういった活動をしません。

 

仮に、危険物を取り込んでも、下痢や嘔吐することで、体外にきちんと排出してくれます。

 

幸せな物質が増え、心が元気に

 

実は、腸内細菌が幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」や「ドーパミン」の素を作り、脳に届けています。

 

腸が元気だと、人は幸せをしっかり感じ、ストレスに負けない精神力を保つことができます。

 

ビタミンをしっかり合成できる

 

体内で、生命活動に必要なビタミン類を作れるのは、腸内細菌だけです。

 

ビタミンが不足すると、脳が円滑に機能しません。

 

結果、代謝も落ちます。

 

イライラして怒りっぽくなっている人は、腸内細菌が減少しています。

 

腸の消化を助ける

 

腸が健康だと、腸内細菌が元気です。

 

そうなると、腸が活発になっているので、排便などもスムーズです。

 

食べ物から栄養を消化・九州市、不要なものをきちんと排泄してくれます。

 

便秘になっているとすると、それは、腸の調子はあまり良くない、と思った方が良いです。

健康的な生活を送る!そのために、腸を意識した生活習慣を

腸の状態が免疫力を大きく左右していたことがわかると思います。

 

ということは、しっかりと腸を健康に保つことが大事です。

 

腸が元気だと風邪も引かず、毎日気持ちも幸せを感じたりして、楽しくなります。

 

心と腸の関係って、知るまではほとんど関係なさそうに見えますよね。

 

でも、幸せ物資と呼ばれる、ドーパミンやセロトニンという脳内ホルモンは、実は、腸が生成していて、また腸が脳に送っています。

 

腸が元気でないと、幸せ物質は作り出すことさえできないのです。

 

なので、常にイライラしていると、ストレスにも弱くなります。

 

しっかりと腸を健康に保ち、免疫力を工場させ、身体だけでなく、心もしっかり予防する、これが腸内環境を整える最大の魅力です。

 

身体と心の健康は、腸内フローラが握っている

腸を健康に保つためにはどうすれば?

 

それは、腸の働きとなる腸内細菌を活性化して、腸内フローラを整えます。

 

免疫細胞を作るのも、いろんな病気を予防してくれるのも、腸内細菌がしっかり働いているからです。

 

健康に必要不可欠なビタミンB郡やビタミンKを作り、幸せホルモンを生成してくれるのも腸内細菌です。

 

もし、腸内細菌が減り、バランスが悪くなると、腸内フローラは、乱れます。

 

その結果、風邪や感染症などになったりします。

 

しっかりと、腸内細菌を活性化し、腸内フローラを整えましょう。

 

カルピスの乳酸菌サプリアレルケアの口コミを見る